性依存症 ~2度の逮捕からの人生の立て直しのブログ~

依存症と気付き、克服のために治療をするため、同じあやまちを繰り返さないためにこのブログを書いています。 #性依存症 #依存症治療 #痴漢 #盗撮 #逮捕 #留置場 #起訴 #不起訴 #不倫 #社内不倫 #アダルトチルドレン #HSP #コロナ #コロナワクチン #モデルナ #副作用

スリップ(フラッシュバック)について

f:id:freemoney380000:20210411000410j:plain


最近ずっと「忘れていた感情」を書いていたので忘れ気味であったが、私は依存症で治療をしていた。依存症は完治はしない。症状が出ないように一生付き合っていくしかないのである。

症状が出ないまでも、思い出して問題行動を起こしてしまう一歩前までの状況に陥ってしまったり、実際に問題行動を起こしてしまうことがある。スリップである。

今は地方で人も少なく、自転車通勤でそもそも問題行動を起こす環境にない。また、特にストレスもなく、ある意味問題行動を起こすきっかけもない。今は仕事のこと、会社の彼女のこと、ゴルフに行ったり、家族と過ごしたり、実家の母親のことなどいろいろと考えたり、行動したりしなければならないので、問題行動のことを考えることがない。

先日、帰省した時に少し時間があったので地元の繁華街に出かけた。東京ほどではないがやはり人も多い。人が多いとそれだけいろんな人がいるわけで、今住んでいる地方ではほとんど見かけない、ミニスカートを履いた女性をたくさん見かけた。エスカレーターに乗った時、そのような格好をした女性が前に立っていた。もちろん、問題行動は起こしていないし、起こそうとも思わなかった。だが、もし今単身赴任で1人で来ていて家族と離れ離れ、知り合いや友達も周りにいなくて、金もない。暇な状況であればふっと問題行動を起こしてしまう自分がいるかもしれないと思った。

問題行動はやめるだけでは逆にストレスがたまってしまうということを過去のブログに書いた。

 

freemoney380000.hatenablog.jp

 問題行動にかわるものって、今一体なんだろうと考えた。ずっと「忘れていた感情」で書いてきたが、実はその会社の彼女との仲を進展させようとすることや、カラオケに2人で行こうと誘ったりすることは「リスク」ではないのか?妻にばれないように、上司にばれないように、周囲にばれないように行動することに「スリル」を感じていて、それが問題行動の代わりとなっているのかもしれない。もちろん、彼女との関係は今後どうなっていくのか、カラオケにいけば、手をつないでしまうのか、キスをしてしまうのか、全部拒否されて会社でバラされてしまうのか、もっと進展して不倫関係になり、自分の家庭が崩壊してしまうのかまったくわからない。だが、おそらくそれが今までの問題行動に置き換わっているのだと思う。

しかし、もっとまともな方法はないものか・・・ もう少し考える必要がある。